コラムcolumn

養生シートからわかる解体業者の実力

2022.03.25

解体業者を選ぶ際、依頼人が困るようなことは避けてほしいものです。
『騒音や振動がうるさい』、『ホコリが舞って洗濯物が干せない』、『公共物の破損』など、解体を依頼する際にはトラブルのない業者を選びたいですよね。

騒音や振動、粉塵などのホコリは、養生シートをしっかりと施すことである程度は防げるものになります。
安心して解体工事をお願いするためにも、今回は養生シートについてご紹介していきます。

 養生シートの種類

そもそも養生シートとは、商品や資材を保護してくれるカバーになります。
全て同じように見えてしまう養生シートですが、用途や内容によって使用する養生シートは異なります。

 ● 防音シート
  住宅街や大きな音が出る工事などで「防音シート」を使用します。名前の通り、騒音を軽減してくれる役割があります。

 ● 防火シート
  火に強い素材を使用しており、火花の飛散を防ぐために使用します。万が一着火しても燃え広がることがなく、ものによっては800℃の熱に耐えられるものもあります。

 ● 養生メッシュシート
  風の強い山や海などで使用されることが多く、メッシュ構造のシートを使用することで、風により足場が倒れてしまうなどの事故を防ぐ役割があります。

 養生シートで解体業者のレベルを知ることができる!?

養生シートの状態や使用状況を見ることで、施工を行っている業者が良い業者か悪い業者かを判断することができます。ここでは業者を選ぶ際に気を付けるポイントについて紹介します。

①壊れたものを使い続ける業者は避ける
破れた養生シートを使い続けている業者には、注意が必要です。そのまま使用を続けていると、破れた部分から解体した瓦などが入ってしまい、事故へと発展してしまう恐れがあります。
また、反対に新品ばかりを使用している業者も、すぐに破損をさせてしまう業者とも考えられます。

②古くても綺麗に使い続ける業者を選ぶ
古い養生シートでも綺麗に使用している業者は、工事技術が高い業者と考えられます。養生を傷つけずに作業ができるということは、重機の扱いにも慣れているということです。
丁寧な仕事ができる業者は、近所からのクレームが少なくなる可能性があり、安心して仕事を任せることができますね。

③プリントされた養生シートを見てみよう
養生シートに会社名などをプリントされている業者もあります。消耗品の養生シートにお金をかけているので、儲かっている会社とも考えられます。多くの現場を請け負うことで、職人さんの技術も高いと考えられます。
また、大きく会社名を出している解体業者は、クレームが少なく、工事にも自信を持っている証拠とも言えますね。

㈱北斗ではお客様の要望、その現場に適した養生シートを使用し、社名のプリントをしたシートを使用しています。

解体工事のお願いをする際、使用している備品や機材を見ることで、その会社の仕事がどのようなものなのか分かることもあります。

安心した解体作業を行うためにも、是非私たちにご相談ください。

このページの先頭へ