コラムcolumn

5R運動について

2022.07.08

株式会社北斗では、解体業や金属リサイクル業を営んでおります。

そんな当社は今【5R運動】を推進しています。
そこで今回は【5R運動】についてご紹介いたします。

5R運動とは?

5R運動という言葉はなかなか聞きなれない言葉だと思います。
一般的に知られているのは3R運動の方です。

3Rはそれぞれ
Reduce(リデュース)・Reuse(リユース)・recycle(リサイクル)
の略になっています。

この3Rに2つのRである
Refuse(リフューズ)・Repair(リペア)
の2つを加えたものを【5R運動】と呼びます。

それぞれ何を表しているのか解説いたします。

〇Reduce(リデュース)
できるだけ無駄なゴミの量を減らすこと
「発生抑制」という意味


・作りすぎないようにする
・使わないものを買わないようにする

〇Reuse(リユース)
ものを繰り返し使い、再利用すること
「再使用・再利用」という意味


・リサイクルショップや中古販売店で購入する

〇recycle(リサイクル)
ゴミを再び資源として再利用すること
「再生利用」という意味


・ペットボトル・紙・金属などを分別し、原材料になるように加工する

〇Refuse(リフューズ)
ゴミになるものを買ったりもらったりせず断ること
「拒否」という意味


・エコバッグを使いビニール袋を使わないようにする
・入らないチラシは受け取らないようにする

〇Repair(リペア)
壊れたものを修理して長く使いゴミを出さないようにする
「修繕」という意味


・電化製品・服・靴などを修繕する(してもらう)

※自治体によってRの内容が変わることがあります。
Return(リターン)・Rental(レンタル)・Refine(リファイン)などが入ることもあります。

これら5R運動を実践することで、ゴミを減らし資源の有効利用をすることは、自然環境に配慮した「循環型社会」の構築を目指します。

最後に

個人でも行える内容のものがほとんどです。
これを機に5R運動について考えていただけたら何よりです。

北斗は金属リサイクル事業や解体廃材のリサイクルを通して
循環型社会の実現やゴミ問題、環境問題の解決に向けて活動をしてまいりました。

5R運動や特にリサイクルについてお困りごとがありましたら
是非ご相談ください。

このページの先頭へ