コラム

column

空き家問題と放置するデメリットとは?

2023年08月29日

こんにちは!
株式会社北斗です!!

当社は、長崎県佐世保市を中心に解体工事や金属リサイクル業を行っています。

最近空き家が増えているなと感じたことは意外にも多いと思います。
佐世保市周辺も空き家があり、地方に行けば行くほど見られる頻度は高くなります。

今回は、なぜ最近空き家が増えているのかご紹介します。

空き家問題の原因

今空き家が増え続けていることが問題になっていますが。

実は空き家が増え続ける原因は少子高齢化問題や人口減少問題にあります。

理由は意外にもシンプルなもので、もともと住宅に住んでいた人が高齢になり、介護施設に入ったり、亡くなってしまうことにより、その住宅に住む人がいなくなってしまうためです。

さらに、現在は人口減少に伴って、日本中に建っている住宅が、日本の総世帯数を上回ることにより空き家は現在進行形で増えているのです。

少子高齢化や人口減少とは違いますが、
家族や親族が何十年にわたって暮らしていた思い出が詰まった家を解体する、手放すのを躊躇ってしまい、結果的に空き家として放置されてしまうケースもあるようです。

空き家を放置するデメリット

空き家を放置していると虫や害獣がわいたり、治安の低下、景観の悪化など周辺住民に対して迷惑になる事案が発生します。

また、維持費も高いため放置しているだけで税金やメンテナンス費がとられてしまいます。

最悪の場合、空き家が倒壊し、近隣の住宅に被害を与えたり、人に怪我を負わせてしまうと罪に問われたり、賠償金を請求されるような大きな問題へとなりかねません。

空き家を所持している場合は、放置するのではなくしっかりメンテナンスを行い、新たな使い道を模索するか、解体業者に依頼し速やかに解体してしまった方が基本的に良いとされています。

空き家を解体することで

私たち株式会社北斗は、この空き家問題に対処する一環として、お客様の安全を最優先に考え、解体工事と金属リサイクルの専門知識と経験を活かし、地域社会に貢献し続けてまいります。

空き家の解体工事を通して、地域の景観や治安を守り、地域社会に貢献すると同時に、空き家問題の解決に取り組むことは、持続可能な未来の構築に向けた重要な一歩を歩んで参ります。

空き家や住宅解体についてお困りの際は、いつでもお気軽にご相談いただければと思います。

________________________________________________________

株式会社北斗では、金属リサイクル・住宅解体を行っています。

住宅解体や廃金属などについて相談事や悩み事がありましたら、是非お気軽にご連絡下さい。

お待ちしています!

お電話はこちらの番号まで

0956-59-8581

お問い合わせ

CONTACT

北斗公式LINEもしくはお電話から
お気軽にお問い合わせください。

0956-59-8581平日:9:00~16:45まで
(お昼休み:11:45~13:00まで)
土曜:9:00~15:45まで
(お昼休み:11:45~13:00まで)
※日曜日は定休日です(祝日は営業しております)