コラム

column

休日の工事を極力行わない理由がある!?

2023年10月30日

こんにちは!
株式会社北斗です。

当社は、長崎県佐世保市を中心に解体工事や金属リサイクル事業を行っています。

前回解体工事を行う業者のお休みの日についてご紹介しました。
そこで、日曜祝日は基本的に工事は行わないというお話がありました。

工事を休日に行うことで発生する問題などがあり、業者はなるべく工事を行わないようにしています。

そこで今回は、休日に工事をすると発生する問題についてご紹介します。

休日に工事をする問題点

◆騒音・振動・粉塵などの発生

騒音・振動・粉塵といったものは、工事が始まれば必ず発生してしまうものであり、これは平日、休日関係ありません。

平日は働いている人も多く、仕事や学校などで家を開けている人がほとんどであるためあまり問題にはなりません。

しかし、休日になると一遍し、多くの人が家で休日を楽しみ休んでいるということもあり、騒音・振動・粉塵といったものは、解体業者が対策を行っていても気になってしまうもので、ストレスに感じる人が多いです。

また、休日に洗濯物を洗う人が多いため、粉塵等の発生は平日に比べても迷惑になりやすいです。

そのため、平日の時間に行うような工事を休日に堂々と行っているとクレームになりやすく近隣の住民とトラブルになりかねません。

そういった理由もあり、休日は工事を進めづらいため会社自体を休みにしていることが多いです。

◆道路の利用

工事現場に隣接する道路では、工事車両の出入りが多くなったり、重機や車両によって通行ができない時間がある場合があります。

こういったことが休日に発生すると近隣の住民が外へ出かける事が出来なかったり、遠回りをしなければならなくなるなど大きな迷惑を被ってしまいます。

近隣住民への配慮のための対策は?

こういった問題を防ぐためには、工事前に近隣の住民に理解を頂くために挨拶を行ったりするなどの対応も必要です。

また、騒音規制法といった法律に則り、騒音の大きさや工事を行う時間などをしっかりと守ることで最低限配慮を行うことが重要です。

また、基本的に休日はお休みの解体業者が多いため、工事を依頼する際に近隣住民への配慮などを考える際は、休日には工事を行わないような計画を施主様と業者で話し合って行くことも考えていかなければなりません。

北斗は、住宅・倉庫・アパートなどさまざまなものの解体工事を行っています。

当社でもさまざまな騒音や振動、粉塵などの対策を万全に行ってから工事を行っています。
近隣住民への配慮には多くの時間を割いています。

解体工事についてわからないことや困っていることがある方はどうぞお気軽にご相談ください。

___________________________________________________

株式会社北斗

佐賀県や長崎県、特に佐世保市を中心に住宅解体を行っています。

当社は、お客様に北斗に頼んでよかったと満足いただくため、技術だけではなくまごころを大切にしています。

金属リサイクル・住宅解体工事・空き家について相談事や悩み事がありましたら、是非お気軽にご連絡下さい。

お待ちしています!

お電話はこちらの番号まで

0956-59-8581

Instagramはこちら

お問い合わせ

CONTACT

北斗公式LINEもしくはお電話から
お気軽にお問い合わせください。

0956-59-8581平日:9:00~16:45まで
(お昼休み:11:45~13:00まで)
土曜:9:00~15:45まで
(お昼休み:11:45~13:00まで)
※日曜日は定休日です(祝日は営業しております)