コラム

column

工事現場で見なくなった作業着「ニッカポッカ」と新時代の作業着「平ズボン」を紹介!

2023年05月24日

株式会社北斗では、住宅解体を行っています。

工事中は、作業環境や解体作業のスタッフの安全などを考慮し、
工事現場に特化した作業着を着用して解体工事を進めます。

皆さんが工事現場の作業服として連想しやすいものといえば、
股下がぶかぶかなズボンの「ニッカポッカ」だと思います。

しかし、現在はとある理由からニッカポッカを禁止にする工事現場や会社が増えています。

今回は、最近工事現場で見なくなったニッカポッカについてご紹介します。

 

ニッカポッカとは?

ニッカポッカは、工事現場や作業現場などで着用される作業服・ズボンの一種で、長さが膝下までになっていて、裾がくくられています。

起源は、オランダからアメリカへの移民が着用していたブリーチズと呼ばれる短ズボンだそうです。

すそが邪魔にならないとして野球・ゴルフ・乗馬・自転車・登山などのスポーツウェアとして多く用いられ日本でも浸透しています。

 

ニッカポッカの特徴

・動きやすい
鳶職人は、高所での作業や重い物を持ったり持ち上げたりすることが多いため、動きやすい服装が重要です。ニッカポッカは、ゆったりとしたシルエットで、足を大きく動かしても窮屈になりません。

・安全性が高い
ニッカポッカは、ゆったりとしたシルエットのため、足元の危険物を回避しやすいです。また、肌に密着していない分、ゆったりとしているニッカポッカは衝撃を和らげる効果があり怪我を防ぐことができます。

一昔前までは主に鳶職人や大工などの建設現場で作業する職人が作業着として着用することが多かったです。

 

ニッカポッカが禁止されている現在

現在、大手のゼネコンの現場を中心にニッカポッカを禁止している工事現場が増えています。
現場でニッカポッカを見かけることは、ほとんどなくなっているのが現状です。

・実は危険?
股下にゆとりがあると逆に機械に巻き込まれたり、何かに引っかかり転倒する可能性もあるため危険性が高いと言われるようになりました。

ニッカポッカの特徴である広い股下の裾が工事現場では危ないという声があります。
近年の安全意識の高まりから、ニッカポッカを禁止にする現場が増えています。

 

新時代の作業着、機能性に優れた平ズボンの登場

現在は、ジーンズやカーゴパンツなどでも機能性に優れた工事現場に適した製品が増えています。

・機能性が高い
ジーンズやカーゴパンツなどは、裾が広いニッカポッカよりも動きにくそうなイメージがあるかもしれませんが、現在は伸縮性が非常に高く動きやすいものが多いです。

それだけではなく、通気性も良いため、体の熱が服の中にこもって作業がしにくいといったことがなくなり、快適に現場仕事を行えます。

・安全性・耐久性も優れている
また機能性だけではなく、安全面に掛かる耐久性も優れており、
耐火・耐電・撥水性に優れているものが数多くあります。
どのような状況でも作業着として着用することができ便利です。

また足元の視認性も高く、動きやすいということで狭い足場での作業も安全に作業を進められます。

 

最後に

当社でもニッカポッカの使用は禁止にしています。
現在主流になりつつある、ジーンズ系で細身のズボンを着用することで
よりよいサービスをお客様に提供できるように努めてまいります。


当社では、住宅解体を行っております。
解体工事についての相談事や悩み事がありましたら、
是非お気軽にご連絡下さい。
お待ちしています!
https://www.hokuto-recycle.co.jp/contact

お問い合わせ

CONTACT

北斗公式LINEもしくはお電話から
お気軽にお問い合わせください。

0956-59-8581平日:9:00~16:45まで
(お昼休み:11:45~13:00まで)
土曜:9:00~15:45まで
(お昼休み:11:45~13:00まで)
※日曜日は定休日です(祝日は営業しております)