コラム

column

空き家対策②

2023年02月10日

今回は、前回に引き続き空き家問題の対策についてパート②「行政代執行」についてご紹介します。

◆行政代執行とは
所有者に代わり、行政が適正に空き家を管理するための取り組みのことです。

空き家の所有者が行政からの要求を無視し続け適切な空き家の管理を行わなかった場合に摘要され、強制的に空き家のある敷地内に入り、適切な処置(ゴミや雑草等の掃除や住宅解体など)をとります。

この際に行われた工事や作業の費用は全て空き家の所有者に請求されます。
そのため、空き家を放置していると多額の税金と請求が発生することになります。
空き家の解体工事を行うと数百万の請求に達することもあります。

また、支払いが出来ない場合は、強制的に私物(車や不動産、貯金など)を差し押さえられます。

放置していれば行政が勝手に解体してくれるわけではなく、あとから多額の請求が来ます。

◆行政代執行の手順
空き家の放置をしていると監査が入ります。
そこで、場合によって「特別空き家」に認定されます。

特別空き家に認定されると行政からの助言や指導が入ります。

それも無視し続けると勧告、命令の順で行政から通達がきます。
これらすべてを無視し続けると行政代執行が行われる場合があります。

※勧告の時点で住宅用地特例の対象から外れ、多額の税金が徴収されます。
※命令違反を行うと50万円以下の過料になります。

◆最後に
空き家を放置していると以前のコラムで紹介したような危険な状況に陥るだけではなく、
多額の金額を請求され、多くの人に迷惑をかけることになります。

このようにならない為にも、適切な管理を行うか、計画を立てて空き家の解体を行うことが大変重要なポイントとなります。


北斗では、住宅解体業を行っております。
空き家についてや住宅の解体工事で何か疑問点や相談事などがありましたら、
是非お気軽にご連絡ください。
お待ちしています。
https://www.hokuto-recycle.co.jp/conta

お問い合わせ

CONTACT

北斗公式LINEもしくはお電話から
お気軽にお問い合わせください。

0956-59-8581平日:9:00~16:45まで
(お昼休み:11:45~13:00まで)
土曜:9:00~15:45まで
(お昼休み:11:45~13:00まで)
※日曜日は定休日です(祝日は営業しております)